探検実記 地中の秘密たんけんじっき ちちゅうのひみつ03 嶺の千鳥窪03 みねのちどりくぼ
——雪ヶ谷の道路——金槌で往來を擲く——嶺千鳥窪發掘歴史——土瓶の續出——露西亞式の發掘——棄權の跡——土瓶の仇討——都々逸の功徳——異臭紛々——内部に把手の有る破片—— 嶺の發掘を語る前に、如何しても故飯田東皐君との關係を語らねばならぬ。 …
作品に特徴的な語句
なか ぢう 把手とツて がつ うち なほ しき まか 地口ぢぐ 中央ちうわう たゝ こは うも 男子をとこ 異臭ゐしう 振舞ふりま 其方そつち まへ 加之それに おほ 此方こつち くゞ この 如何どう ゆう はう 住職じうしよく あひだ 老松らうしやう 把手とつて 幕下ばつか たひら あるひ 突貫とつくわん 往還わうくわん あが 大笑おほわら 松下しようか あぢ にく 今日けふ なに がい 老爺おやぢ 掛合かけあひ かゝ 道路だうろ まつた 結構けつかう 其先そのさ 其後そのあと みと まは 想像さうぞう 區劃くゝわく つゝ 初陣うゐぢん 徒歩とほ うしろ ちや 上部じやうぶ 大寺おほでら 大森おほもり 舊家きうけ 女中ぢよちう さい まか 威張ゐば たく 完全くわんぜん きやく 美髯びせん すくな 居合ゐあは のゝし ねん にち なほ ぐわつ はた あたら ぽん
題名が同じ作品