“其後”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そのご46.8%
そののち29.8%
そのあと14.9%
そのゝち3.2%
そのうしろ2.1%
それから2.1%
ソノゴ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鎔岩次第冷却してるとどんな成分のものも流動くなり、其後固形岩塊先頭岩塊えて前進するのみである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
可笑なお話をいたしましたが、策伝の話より、一御意ひ、其後数度御前されて新左衛門が、種々滑稽雑談じたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
其後から十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷い、着物は秋草色染振袖に、緋縮緬長襦袢繻子の帯をしどけなく結び
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ぶる人望のある御人であつたが大阪の行營ぜられたので、そこで慶喜公が其後を繼いで將軍となられたのである。
兵馬倥偬の人 (旧字旧仮名) / 塚原渋柿園塚原蓼洲(著)
見はり椀だに明かば投げ込んと盛り替の蕎麥を手元へ引つけて呼吸り若き女其後にありて盛替々々續けたり今一人は汁注を右に持ち中腰にて我々の後より油斷を見て
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
縁日へ行って買って来てやるから構わない。少し腰を痛めたから、其後は何にもしなかった。第一日はず成功だろう。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
すら、其後、人の世になつても、氏貴い家々の娘の戸までも、忍びよると申しまする。世に言ふ「天若みこ」と言ふのが、其でおざります。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)