“長襦袢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ながじゅばん80.7%
ながじゆばん19.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後から十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷い、着物は秋草色染振袖に、緋縮緬長襦袢繻子の帯をしどけなく結び
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
見ていると不二子さんは、手早く長襦袢一枚になり、断髪に黒いレースのナイトキャップを冠って、ベッドにもぐり込んでしまった。
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
りて、薄衣と、長襦袢して、模樣に、に、に、きてすら/\とるにこそあれ。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
派手な長襦袢の上へ、大急ぎで羽織つたらしい小袖の紫が、冷たく美しい女中の差出す手燭の中に、又となく艶めかしく見えるのでした。