婦人十一題ふじんじゅういちだい
うまし、かるた會に急ぐ若き胸は、駒下駄も撒水に辷る。戀の歌を想ふにつけ、夕暮の線路さへ丸木橋の心地やすらむ。松を鳴らす電車の風に、春着の袖を引合す急き心も風情なり。やがてぞ、内賑に門のひそめく輪飾の大 …
作品に特徴的な語句
野分のわき 背戸せど 盂蘭盆うらぼん 化身けしん 袖口そでくち かけひ すぎ 緋縮緬ひぢりめん 芙蓉ふよう ひろ 半襟はんえり のこ 駒下駄こまげた かき 電車でんしや まく 鬼子母神きしぼじん さや 島田しまだ 杜若かきつばた しをり はじ おく 人目ひとめ 紫苑しをん ほたる いと 爪立つまだ 待乳山まつちやま 魔法まはふ ひめ 白百合しらゆり 野茨のばら 薄紅うすくれなゐ 此處こゝ 御寺みてら 三日月みかづき みだ 日南ひなた 白妙しろたへ 野路のぢ 金屏風きんびやうぶ 驚破すはや 青葉あをば しき 徒渉かちわたり 木場きば 羽衣うい 深川ふかがは つた 樹々きゞ 庭下駄にはげた 眞鍮しんちう 透綾すきや 端近はしぢか 以來このかた 庄屋しやうや 見越みこ かる 茶釜ちやがま 園生そのふ 露草つゆくさ 黒髮くろかみ 五月ごぐわつ 茅屋かやや うすもの らん しべ 十月じふぐわつ おび 淺葱あさぎ 甘酒あまざけ たつ いは 侍女じぢよ 極彩色ごくさいしき 模樣もやう 白魚しらうを 見向みむ 金銀きんぎん 睡蓮れんげ 四月しぐわつ 手首てくび 夕暮ゆふぐれ 彼處かしこ 岨道そばみち なや 無地むぢ 線路せんろ 差向さしむか さかづき 青海波せいかいは 病氣いたつき 姿見すがたみ 立出たちい