婦人十一題ふじんじゅういちだい
うまし、かるた會に急ぐ若き胸は、駒下駄も撒水に辷る。戀の歌を想ふにつけ、夕暮の線路さへ丸木橋の心地やすらむ。松を鳴らす電車の風に、春着の袖を引合す急き心も風情なり。やがてぞ、内賑に門のひそめく輪飾の大玄關より、絹足袋を輕く高廊下を行く。館の …
作品に特徴的な語句
わらは すゞし はぢ いう ねがは おほい 洪水でみづ そま うへ 莞爾にこ ごころ きよ ちひさ 御寮ごれう 音信おとづ 一顆いつくわ はぢ うるは まひる はゝ しひた をしへ きふ 恍惚くわうこつ 睡蓮れんげ つやゝか ぎぬ 呪詛のろひ じゆつ ちゝ あふ あひだ 御堂おだう をんな 窓外さうぐわい かゝ いへ 薄紅うすくれなゐ とほ しうとめ 新婦よめぎみ つめた 墓詣はかまうで いそ ともしび よそほひ はづ 野路のぢ ねつ 憧憬あこが みぎは くは こゝろ 篝火かゞりび 微笑ほゝゑ 扇子あふぎ さめ むすめ 徒渉かちわたり 化鳥けてう ゆび えう ゑが はじ かひな 白魚しらうを たましひ 清水しみづ 二月にぐわつ なほ 驚破すはや わか ひと 莞爾につこり ともな さかづき うを 侍女じぢよ さかづき なゝめ 斷崖がけ つゞみ ほゝ 病氣いたつき きず たふ