“腕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うで47.8%
かいな30.3%
かひな18.3%
2.7%
ただむき0.3%
たゞむき0.3%
わん0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あのに、げんこつをくらわせることはなんでもない。だが、が、をいれてったら、あのけてしまいはせぬか?」
からす (新字新仮名) / 小川未明(著)
ただ一呑屏風倒れんずるじさに、剛気船子啊呀と驚き、の力を失うに、はくるりと波にれて、船はきぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(こはその母これをキロネより奪ひ、己がにねむれる間にシロに移せし時の事なり、その後かのギリシアこれにかしこを離れしむ)
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私は説明を続けようとしてふと若い男の方を見ると、彼は自席のところにりかかって窓の外へをぶらげたまま、真蒼な顔をしていた。
白きヘーレーの神女ダナオイ軍兵の 55
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
ころも、に至り、毛脛れる。
流行暗殺節 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)