流行暗殺節りゅうこうあんさつぶし
「足音が高いぞ。気付かれてはならん。早くかくれろっ」 突然、鋭い声があがったかと思うと一緒に、バラバラと黒い影が塀ぎわに平みついた。 影は、五つだった。 吸いこまれるように、黒い板塀の中へとけこんだ黒 …