流行暗殺節りゅうこうあんさつぶし
「足音が高いぞ。気付かれてはならん。早くかくれろっ」 突然、鋭い声があがったかと思うと一緒に、バラバラと黒い影が塀ぎわに平みついた。 影は、五つだった。 吸いこまれるように、黒い板塀の中へとけこんだ黒い五つの影は、そのままじっと息をころし乍 …
作品に特徴的な語句
くつ わん あせ ばく おお くう うら はじ のう くん めい かたま おんな おんな 心底しんてい りょう ほと わざわ たん 落人おちゅうど 間髪かんぱつ けん 丁度ちょうど のぼ 上手じょうず 上洛じょうらく 中枢ちゅうすう 丸公たまこう なが しま あだ 今宵こよい 仰有おっしゃ 傍若ぼうじゃく 出立しゅったつ 刹那せつな 刺客しかく 参与さんよ 口説くど たた 台物だいもの 右膝みぎひざ いな あき 周防すおう 呪詛じゅそ うわさ うつわ ささや 因縁いんねん 坊主ぼうず へい 境内けいだい 夜着よぎ 大喝だいかつ 大楽だいらく 孝允こういん うち 容子ようす 富田とんだ たず 屋守やもり 屏風びょうぶ ほふ 山県やまがた ひら とこ 度胸どきょう 弾傷たまきず 後家ごけ 御意ぎょい たちま こわ 恭輔きょうすけ 憎悪ぞうお 折角せっかく そろ 提灯ちょうちん 料簡りょうけん 晩酌ばんしゃく 月代さかやき 有隣ゆうりん けた 檀家だんか