“傍若”の読み方と例文
読み方割合
ぼうじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つ年、久秀が室町の御館うて、将軍義輝公を弑逆し奉った折なども、坂上主膳の働きは、傍若無人なぶりと云われております。
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
歩行も出来ない身をいいことにして、これみよがしに歓楽を追おうとしているふたりの傍若な振舞に、カッと憎みがわきあがったのである。
流行暗殺節 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
これからお隣りの傍若夫人(あたしの洒落も捨てたもんでないでしょう?)
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)