“間髪”のいろいろな読み方と例文
旧字:間髮
読み方(ふりがな)割合
かんはつ75.0%
かんぱつ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間髪かんはつ、さらに隙を突いて、燕青の肩か頭が、相手の鳩尾みずおちへ体当りを与えたかと思うと、任原は二ツ三ツしどろ足を踏んでよろけた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もし、うんといわぬ場合は、奴の背後うしろから不意の一ト太刀をまず浴びせる、きさまも、間髪かんはつを入れず、相手の横を、抜き払え。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後醍醐が、笠置へはしるやいな、間髪かんはつをいれず、大覚寺へも六波羅の手入れが襲った。——宮は身をもって敵の重囲からのがれた。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然し、踏みしめている雪にすべって、二つの体はすぐ旋舞せんぶを描き、間髪かんはつをねらう双方の刃が、双方の小袖を払い合った。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その間髪かんはつには、ふたりの頭脳あたまに、助かッたぞッ——という歓呼かんこがあがったであろうが、結果は同じことだった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
神変夢想流のたか使い——鷹の翼を撃つがごとく、左右を一気に払って間髪かんぱつを入れない栄三郎、もはや今は近よる者もないと見て、
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
出発前、望月大尉と打合わせてきたところでは、異変が起りかけたら、敵の姿が見えようと見えまいと、間髪かんぱつをいれず、機銃で猛射をすることにしてあった。
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
間髪かんぱつを入れず、舞台監督の機転で、大きな緞帳どんちょうがスルスルと下りた。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私は咄嗟とっさに廻れ右をして、間髪かんぱつを入れず、親爺の頬っぺたを殴りつけた。
安い頭 (新字新仮名) / 小山清(著)
それは、間髪かんぱつをいれない瞬間の出来事でありました。
怪塔王 (新字新仮名) / 海野十三(著)