“月代”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかやき93.0%
つきしろ3.7%
さかいき1.1%
さかゆき1.1%
きかやを0.5%
さかさき0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「大層寢起きが良いな、八。挨拶だつて尋常だし、月代だつて、當つたばかりぢやないか、つかに結構な婿の口でもあつたのかえ」
追撃の小競合いはそこにもここにもあった。そのうちに放火もすこし下火になって、二十日の夜の五つ時の空には地上を照らす月代とてもない。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
今に記憶してる事を申せば、幼少の頃、月代るとき、頭のを剃ると痛いから嫌がる。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
紙帳のことは『浅間』という、くさ双紙でおなじみになっている、星影土右衛門という月代のたったい男が、六部の姿で、仕込みをぬきかけている姿をおもいだし、大きな木魚面の
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
月代を半分剃り残しても驚くような与茂吉じゃない
五十年輩の小鬢の霜も、月代の輝やきも申分ない分別男ですが、四角に張つた顎や、少し段のついた鼻筋に、きかぬ氣らしさは充分に受取れます。