“桂月”の読み方と例文
読み方割合
けいげつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内藤鳴雪、大町桂月、森鴎外、泉鏡花、田山花袋、児玉花外、巌谷小波、江見水蔭……みんな、会っておいて、よかったと思う人ばかりだ。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
桂月が「猫」を評して稚気を免かれずなどと申して居る。あたかも自分の方が漱石先生より経験のある老成人のような口調を使います。アハハハハ。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
車中にて何心なく『太陽』を読み候に、君はもう今頃御知りなされしなるべし、桂月様の御評のりをり候に驚き候。
ひらきぶみ (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)