“月桂樹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げっけいじゅ78.6%
げつけいじゆ7.1%
ベイ7.1%
ローレル7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かわいらしい半裸体のこどもらが、道ばたの香り高い月桂樹の林のなかで、まっ黒なぶたの群を飼っていました。
シェイクスピアの作品に現れた花卉樹木の類を集めた庭園で、月桂樹山櫨木瓜に似た花を付けている榲桲、ホーソーン、えにしだ、等々。
シェイクスピアの郷里 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)
この桶中哲人を思慕する事だ深く、一日彼を緑したゝる月桂樹の下蔭に訪ふや、暖かき日光を浴びて桶中に胡坐し、彼は正に襤褸を取りひろげて半風子指端に捻りつゝありき。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)