“大町桂月”の読み方と例文
読み方割合
おおまちけいげつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰り路に、若尾、輿石両君から、故大町桂月氏の、南アルプス登山旅行に同行した話を聞く。桂月氏の風采が、けるが如く浮んで来る。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
「なに苦しくってもこれから少し稽古するんだ。大町桂月が飲めと云った」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なるほど誰やらを金魚の刺身にえた如く、あれは食品として人間すらなお断念している魚類だ。かつて大町桂月君等はの温泉で食ったという話だが、少なくとも美味求真でない事だけは明白だ。