不尽の高根ふじのたかね
一江戸と東京の富士 帰朝したのは、本年三月であった。横浜の波止場で、家族と友人の出迎えを受け、久しぶりで逢いたい顔に逢ったが、ただ一つ逢えない顔があった。それから暫らくのこと、私の勤務先は、日本橋の三越デパートメントの裏で、日本銀行と向いあ …
作品に特徴的な語句
きる うん おう ぐる かぶ さが ゆき もうで あい さか ちん ぼく 荷担にかつ あわた むろ なぞら かむ たなごころ ぬか くる りゅう 手織たお むらが うしろ 精進しょうじ 地衣ちい 筋違すじか とお 小山おやま 膝下ひざもと つか ななめ 飯盛いいもり 薄紅うすべに やみ きよ 蘚苔せんたい 仮現かげん 彷徨ほうこう 棒杭ぼうくい 庭苑ていえん まみ 素振そぶ もう けん 順礼じゅんれい こぼ 糸垂しだれ 小舎ごや まろ 小嚢しょうのう さん 浅間せんげん へん たつ 鋪石ほせき けい 銭瓶ぜにかめ 百草ひゃくそう こま 一石いっこく かたわら とり つら かな ささ 礎石いしずえ こご 離屋はなれや まば ごう おきな 瞰下みおろ すべ 羊歯しだ うるわ 眷属けんぞく 馬士まご そび 白蝋はくろう 胴中どうなか 胸突むなつき 脊道せみち ぼん 白峰しらね 脚下あしもと