“隆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たか66.1%
さか11.3%
りゅう9.7%
たかし4.8%
あが1.6%
さかん1.6%
ゆたか1.6%
りゆう1.6%
タカ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すっかり禿げ上った白髪を総髪に垂らして、に年の波、鼻く、せた唇元に、和らぎのある、上品な、六十あまりの老人だ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
徳望よりんにして、一時の倚重するところとなり、政治より学問に及ぶまで、帝の咨詢くること無く、翌二年文学博士となる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
苗字、名は、つまり湯隆という者で、父はもと延安府軍寨長官だったそうだが、軍人の子にもやくざは多い。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
護の子、など、それぞれ、領土を分けて、門戸をもち、総称して、この一門のことを“常陸源氏”といい囃している。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
肩のった白い服を着て、左の胸に丸い徽章を着けた、若いった看護婦が、室の戸を開けて入って来た。この部屋付の看護婦は、白いクロオバアの花束を庭から作って来て、それをお房にくれた。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
甲派亡びて乙派興り、丙流衰へて丁流なるの順序と、その各派の相違と変遷の原因とは歴史的研究の主なる者なり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
辰野先生の「仏蘭西文学の話」という本の中に次のような興味深い文章がある。
女人訓戒 (新字新仮名) / 太宰治(著)
可いかね、福積の招待には吃驚させるほどくして出て貰はなけりやならん。それで、着物だ、何か欲ければ早速へやう。おまへが、これならば十分と思ふ服装で、として推出すんだね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
く、眉で夢見るやうにまみを伏せて、右手は乳の辺に挙げ、脇の下に垂れた左手は、ふくよかな掌を見せて……あゝ雲の上に朱の唇、ひやかにほゝ笑まれると見た……その
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)