“さかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サカン
語句割合
49.1%
17.0%
15.9%
9.7%
1.9%
左官1.3%
熾盛0.5%
0.5%
0.5%
少目0.3%
0.3%
左咸0.3%
0.3%
査官0.3%
0.3%
熾烈0.3%
猖獗0.3%
盛世0.3%
茶間0.3%
茶館0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう思ったけれどもいっしょになる前には邪魔にならなかった先の夫の幻影が、今はに私をして嫉妬の焔に悶えしめたのであった。
雪の日 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
即ち予州は極めて僻在の地ながら俳句界の牛耳を取る証拠にしてこの事を聞く已来猶更小生は『ほととぎす』を永続為致度念に起り申候。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
さっきから歌うように鳴り出していた雨樋は、いよいよな雪解水が注ぎこみ、時々ゴボゴボゴボとむせび泡立つ音を立てている。
今朝の雪 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
故に仏を奉ずる者の、三先生に応酬するがき、弁じきの事たり。を張り目を怒らし、手をにし気をにするを要せず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
よりして、流言妖語はれ、十月十二日には、ち、兩水道ありと流傳し、市中騷動ふべからず、諸人ぐこと、ぐがし。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「それじゃあ、その男というのがこの辺にいるんでしょうか。」と、となりの左官屋のむすめが訊きました。
蜘蛛の夢 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
致されたり斯て天一坊の威光熾盛に下に/\と呼りつゝ芝八山の旅館を指て歸りける此時大岡越前守には八山の方を睨付と計り氣絶せしかば公用人をめ家來等驚いて打寄氣付藥を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この仇の報ぜられたる時、天朝は恢復せられ、而て天下は天のせる治者に復せん。天下太平の建設を扶助するものは、王侯に封ぜられ、而て其子孫は永くならん。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
田口益人が和銅元年上野国司となって赴任の途上駿河浄見埼を通って来た時の歌である。国司はともに通じていうが、ここは国守である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
天平感宝元年五月九日、越中国府の諸官吏が、少目秦伊美吉石竹の官舎で宴を開いたとき、主人の石竹が百合の花をに造って、豆器という食器の上にそれを載せて、客人にった。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
謙一郎の子は香苗、武夫、幸男で、香苗は税務、武夫は台湾総督府技手、幸男は学生で史学に従事してゐる。一女は三宅典膳の孫徹男に嫁した。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
或日村方の有志とも云うべき岩村、武井峰松、この二人がやって来たが
又「これは至極妙策、成程い策だが、ポッポと火をいたら、又巡行の査官に認められ、何故火を焚くと云ってめられやしないか」
ら父母を懐うのみならず、父母のれを懐うこと、さらにが父母を懐うよりも幾層なるに想着し、「今日の音ずれ何と聞くらん」という。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
仏教修業の結果どんな熾烈な愛欲や誘惑の中に入っても、これをよく節度して、その悪果に染まないように、その心身を自由に、大きく、かつしっかりさせるのです。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
が、漸々病勢が猖獗になるにれて、渠自身も余り丈夫な体ではなし、流石に不安を感ぜぬ訳に行かなくなつた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
一ツぬ日はなし江戸の春とは幕府盛世なる大都會の樣を十七文字にりたる古人の秀逸にして其町々の繁昌は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そういう陰性の声は彼の多忙な心はおろか茶間の耳を傾けさすにも足りなかった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
に顔を知らない同幇匪同志の初対面の挨拶ぶりを書いて見る。先ず甲匪が外埠に行って茶館に上ったとする。するとこの土地の同幇と馴染になって置く必要があるので、暗号で同幇に知らせる。
就中河間王深居邸結構華麗たるものにして、高陽王ひ、文柏堂造營す、なること帝居徽音殿相齊し、清水玉轆轤き、黄金るに
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
甲派亡びて乙派興り、丙流衰へて丁流なるの順序と、その各派の相違と変遷の原因とは歴史的研究の主なる者なり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)