“ざかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
87.5%
12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若いものではございませず、分別ざかりを通り越していながら、と恐縮をいたしましてな、それも、御門内なら、まだしも。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうするとね、東京はからッ風で塵埃ほこりひどいから、眼を悪くせまいための砂除すなよけだっていうの、勉強ざかりなら洋燈ランプをカッカと、ともして寝ない人さえあるんだのに
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とも云わるる、青ぺらのつばむしり上げて、引傾ひきかたげていで見せたは、酒気さかけも有るか、赤ら顔のずんぐりした、目の細い、しかし眉の迫った、その癖、小児こどものようなしまりの無い口をした血気ざかりおのこである。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)