“引傾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひっかた40.9%
ひっかたむ22.7%
ひっかたが9.1%
ひつかし9.1%
ひきかし4.5%
ひきかた4.5%
ひきかたが4.5%
ひっかし4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見よかし羆の袖を突出し、腕をのあたりへ上げいた、手首へ引傾げて、横睨みにじろじろと人を見る癖。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ぐしゃりとげたように仕切にれて、乗出して舞台を見い見い、片手を背後へ伸ばして、猪口を引傾けたまま受ける、ぐ、それ、す。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三味線背負つた乞食坊主が、引掻くやうにもぞ/\と肩をると、一眼ひたとひた、の青ぶくれのを向けて、う、引傾つて、と紫玉の其のると、肩をいた
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
立停まつて、は、しとゞきながられたき、ごつ/\とべたのが、引傾いでなツかしい大屋根を、にひとりめて
月夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宗吉が夜学から、徒士町のとある裏の、空瓶屋と襤褸屋の間の、貧しい下宿屋へ帰ると、引傾いだ濡縁づきの六畳から、男が一人摺違いに出てくと、お千さんはパッと障子を開けた。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
青ぺらのり上げて、引傾げていで見せたは、酒気も有るか、赤ら顔のずんぐりした、目の細い、しかし眉の迫った、その癖、小児のようなの無い口をした血気である。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
よりえて、引傾りと代物れのなるしで、一尺りの奈何
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
引傾いだ小屋に、を二枚ぶら下げて、こいつが戸になる……横の羽目に、半分ちぎれた浪花節比羅がめらめらと動いているのがありました、それが宿はずれで、もう山になります。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)