“摺違”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すれちが92.9%
すれちご7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
背後から、跫音を立てずに来て、早や一方は窪地の蘆の、片路の山の根を摺違い、慎ましやかに前へ通る、すり草履にの霜。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
縁日の夜、摺違ひに若き女のお尻をつたりなんぞしてからかふ者あり。これからかふにして何もその女を姦せんと欲するがために非ず。
猥褻独問答 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
しかる処、前途の段をば、ぼくぼくと靴穿って来た駅夫どのが一人あります。それが、この方へ向って、その和尚と摺違うた時じゃが、の。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)