白金之絵図しろがねのえず
片側は空も曇って、今にも一村雨来そうに見える、日中も薄暗い森続きに、畝り畝り遥々と黒い柵を繞らした火薬庫の裏通、寂しい処をとぼとぼと一人通る。 「はあ、これなればこそ可けれ、聞くも可恐しげな煙硝庫が、カラカラとして燥いで、日が当っては大事じ …
作品に特徴的な語句
きたる おじ てまえ 女郎じょろうし くい 老人わし あたたま ぼん 老人とりより そっ もう 故郷さと おこない うま 退しさ てめえ さびし 利益まし わっし のし 思出おもいい かたえ かたり かむ じじ さが あい おいら 風采ふうつき しッ ちいさ 前途まえ 口誦こうじゅ 執着しゅうぢゃく やぶれ とおり あたら がん じん 周囲ぐるり つつ うかご がれ やさし 補助おぎない おそれ 自然おのずから もたげ つつしん とこ 一廓かく ことば 徘徊さまよ ねむ おおき 父上おとうさん 禁厭おまじない 途端みちばた かたじけの こなし とぼ 露出あらわ まこと 端緒はなお よそ 令嬢おあねえさま たしなみ ためし ぬか 饒舌しゃべり 蹌踉よろよろ さかさ 暗夜くらやみ 願掛がんかけ 口惜くちおし あかる 背屈せくぐ こうべ たなそこ いき あつま きれ 扇子おおぎ めえ こうむ 役人やくしゃ さす わか かね ぬり 遠方おちかた 女房かみさん なまめ 寂寞じゃくまく 赫々あかあか 弁別わきまえ おぶ