“跫音”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしおと96.5%
きょうおん1.5%
あのと0.7%
あしあと0.4%
きようおん0.4%
アシオト0.2%
あしをと0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでぼくは現場をとっつかまえるつもりで、そっと跫音をしのばせて階段を上った。ぼくの部屋のまえに立って、扉に耳をつけた。
お守り (新字新仮名) / 山川方夫(著)
「女か」と、すこし落胆したが、それでもこの配所へは空谷跫音だった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
疾行する狼の跫音をおそる。
蝶を夢む (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
その静かな音をさせて、誰か二階の上り口から、こちらの方へ跫音を忍ばせて来る様子であった。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
跫音れて、スツ/\とれつゝ、きつゝ、駅員驚破ありげなつ、帽子めて、をむづかしく覗込むだ。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
又暫らくして、四五人の跫音が、びた/″\と岡へ上つて来た。年のいつたのや、若い僧たちが、ばら/″\と走つて、塔のやらひの外まで来た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
けさもしい病詩人がほれぼれとそれをきいてゐました。のものの跫音がすると、ぴつたりむので、もそれをいたものはありません。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)