“園”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
その89.0%
えん4.1%
サード1.4%
にわ1.4%
はたけ1.4%
ばたけ1.4%
ゑん1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
友染に、白羽二重をかさねて、つた、衣絵さんが手縫服紗袋んで、つた、小鍋である。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
供や馬を柴門の陰に残して、関羽、張飛のふたりだけを連れ、玄徳は雪ふみ分けて、の奥へ通って行った。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほとんど通り過ぎかけて、私はに声を出して云った。「がある、が」ビラの一つに、「」という大活字がたしかに見えた——
シナーニ書店のベンチ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「しばらくを見なかったが、珍珠蘭が枯れてるじゃないか」
瞳人語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「よし、思いついた。この春の雪の積んでいる時に、人間世界にどこに桃がある。ただ西王母の中は、一年中草木がまないから、もしかするとあるだろう。天上からむがいいや。」
偸桃 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
創世記の第九章には「爰にノア農夫となりて葡萄ることを始めしが、葡萄酒を飲て酔ひ天幕の中にありて裸になれり」
可愛い山 (新字新仮名) / 石川欣一(著)
洛陽伽藍記ふ。帝業くるや、四海こゝに靜謐にして、王侯公主外戚山河して華奢驕榮ひ、る。豐室洞門連房飛閣
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)