“公園”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうえん47.1%
こうゑん26.5%
パアク5.9%
パルク5.9%
そのふ2.9%
ガーデン2.9%
ジャルタン2.9%
ジャルダン2.9%
パーク2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある、つばめは、カンナのや、さるすべりのが、赤々いている、公園んでいて、ふとたちのことをしました。
つばめと魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
川沿公園真暗入口あたりから吾妻橋だもと。電車通でありながらくからめる鼻緒屋ちつゞく軒下
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
んや、名誉に関する言議に、覆面の偽人は戒心を要する。さりら、英人とも、ハイド公園の散策に
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
だから、凱旋門からAVEドュ・ワグラム、公園モンソウからオペラ座、伊太利街から——ま、どこでもいいや。
くもり日の光やすらふほとり朱き葉は走る上野の公園
抒情小曲集:04 抒情小曲集 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
大公園の中でも伸子たちのいるホテルに近い一廓はケンシントン公園とよばれて、きれいな芝生の上に、華やかな縞の日除傘をひろげた喫茶店があった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
キャジノの正面の階段を下りると、芝生と椰子と月夜の公園が一面にゆるい登りになっています。そのオテル・ドュ・パリヘ近いほうの角に、人影が固まっていました。何かるような声も聞えます。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
そしてこの黄瑪瑙巻煙草パイプのようになランチャが、これから三週間私たちの自用車としてモンテ・カアロ公園小径に park されるであろうし
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
彼は漫然と万年筆を手にしたまま、不動のだの、ルナ公園だのと、山里に似合わない変な題を付けた地方的の景色をぼんやり眺めた。それからまた印気を走らせた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)