吾妻橋あづまばし
毎夜吾妻橋の橋だもとに佇立み、徃来の人の袖を引いて遊びを勧める闇の女は、梅雨もあけて、あたりがいよ/\夏らしくなるにつれて、次第に多くなり、今ではどうやら十人近くにもなつてゐるらしい。女達は毎夜のことなので、互にその名もその年齢もその住む処 …
作品に特徴的な語句
かア おつか 彼処あつち 周囲ゐまはり こゞえ むかう うづも ゑん きやう 燈火とうくわ 周囲しうゐ かう 男女だんぢよ うへ みつ でふ 墓参はかまゐり しう はゝ さいは にぎは しよ まへ 老婆らうば 心当こゝろあた ぱく 物価ぶつか 商売しやうばい かへ 収入しうにふ とほ さかり がた 墓参はかまゐ ちひ あひだ きふ 関西くわんさい かは 此方こつち 住職ぢゆうしよく のぞ 佇立たゝず 映画えいぐわ くは はふ 実家じつか 折合をりあひ はう いへ をんな ちゝ とゞこほ かほ がく 百円ぴやくゑん まづ あは がう 母親はゝおや みつ 広告くわうこく あが 目下もくか 上野うへの 去年きよねん 見当けんたう かぞ まは つゝ にほ 気質きしつ ばう うづ 水上すゐじやう すぎ はじ 調しら 女中ぢよちゆう 道路だうろ 出入でい たち 徃来ゆきゝ をが たふ 言問こととひ しづか そびや