“川沿”の読み方と例文
読み方割合
かわぞい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この川沿は、どこもかしこも、蘆が生えてあるなれど、小家のまわりには、またう茂ってござる。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
岡本の住居は藤井の家とほぼ同じ見当にあるので、途中までは例の川沿の電車を利用する事ができた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
津田のからこの叔父の所へ行くには、半分道ほど川沿の電車を利用する便利があった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)