“富”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とみ52.3%
34.1%
とま3.4%
3.4%
とめ2.3%
ふう1.1%
とむ1.1%
とめり1.1%
トミ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男は、神さまがと貧乏とを、大きな目でごらんになって、うまく分配なさるのがわからないものですから、こんな口をきいたのです。
すなわち花は美麗で、つ趣味にんだ生殖器であって、動物のい生殖器とは雲泥の差があり、とてもべものにはならない。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
野沢屋茂木氏には糟糠の妻があった。彼女は遊女上りでこそあるが、一心になって夫を助け家をした大切な妻であった。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
からして工面のいゝ長唄さんが、煙管懷劍へて、かみからくと、十圓紙幣折疊んでつてる……い。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
も吉兵衞はよりる身ならねば乳母ゆべき金力情け有家へ便めて晝夜をたず少し又はの粉や甘酒と一日々々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ちゃん、ちょいと、富ちゃん、の人形を知らなくッて、」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御月番の御老中へ急飛を差立らるに又天一坊の旅館には山内伊賀亮常樂院赤川大膳藤井左京等密談に及び大坂は餘程なり此處にて用金
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それは蘆屋にゐる谷本博士の事で、鸚鵡とカナリヤとが同じお喋舌である場合、私達は大抵の小さいカナリヤに味方をしなければならぬ義理合になつてゐる。
とよみ君といふ事で、名だゝる女君の褒め名だ。勢頭の「豊見」「」も其々「とよみ勢遣」「とよみ世持」などいふ風に解いてよいのだらう。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)