“長唄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ながうた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長唄”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻3.7%
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あれはたしか、長唄ながうたしおくみでしたっけかねえ。あの踊りはいいねえ、——相逢傘あいあいがさの末かけて……」
すその方へいって伴奏に三味線がはいるのを、長唄ながうた研精会の稀音家和三郎きねやわさぶろうが引きうけていた。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)