めでたき風景めでたきふうけい
奈良公園の一軒家で私が自炊生活していた時、初春の梅が咲くころなどは、静かな公園を新婚の夫婦が、しばしば散歩しているのを私の窓から十分眺めることが出来た。彼ら男女は、私の一軒家の近くまで来ると必ず立ちどまる。そこには小さな池があり、杉があり、 …
作品に特徴的な語句
いた いき さそわ もちい はか うま さが まこ めぐら えん とま ほっ はん 下手げて 度外どは めず とど いり のたも ぬか はり 手摺てす 気前きま かか 仁木にき きた 如何いかが はず あが おも しな 安値あんちょく きわ こら けん おもい かさな かご 相撲ずもう 最早もは あた かろ 更紗サラサ かか 扮装ふんそう まず 如何いかん 塵埃じんあい 竿ざお 湯冷ゆざ いや わか たず がさ なめら 読本とくほん あき まこと せつ ついや やか 芸妓げいぎ またが すぐ しら たのし 高津こうづ 飛沫ひまつ ほろ とも 仕舞しまい もも 殊更ことさ 何時なんどき よわい 難波なんば ほと たぶさ やみ 阿呆あほ へこ 差支さしつか いと つく 屡次しばしば くさ 判官はんがん 取毀とりこぼ