めでたき風景めでたきふうけい
奈良公園の一軒家で私が自炊生活していた時、初春の梅が咲くころなどは、静かな公園を新婚の夫婦が、しばしば散歩しているのを私の窓から十分眺めることが出来た。彼ら男女は、私の一軒家の近くまで来ると必ず立ちど …
作品に特徴的な語句
香具師やし どんぶり 流暢りゅうちょう たこ 祇園ぎおん 錦絵にしきえ 下卑げび 膏薬こうやく 幔幕まんまく 黴菌ばいきん 整頓せいとん 馬子まご 唐草からくさ 武蔵野むさしの がん 軽業かるわざ 八百屋やおや ます 退治たいじ 手古摺てこず 脳裡のうり 蹴落けおと 風貌ふうぼう 寒気さむけ 毛唐けとう 拍子木ひょうしぎ 浅草あさくさ 不知不識しらずしらず 狩野かのう 見世物みせもの 坦々たんたん 垢抜あかぬ 猿股さるまた 諒解りょうかい 遊蕩ゆうとう 口上こうじょう 素敵すてき 地団太じだんだ 気位きぐらい 鳥居とりい 臓腑ぞうふ 弾正だんじょう 海女あま 馬鹿気ばかげ 行水ぎょうずい 襟巻えりまき 肢体したい 人力車じんりきしゃ 分際ぶんざい 日清にっしん 豊国とよくに 上着うわぎ くすのき 形骸けいがい 氏神うじがみ 僅少きんしょう 丁髷ちょんまげ 氏子うじこ 妾宅しょうたく 舞妓まいこ 長煙管ながぎせる 前栽せんざい 取敢とりあ 難波なんば かめ 取毀とりこぼ 寿司すし 骨董品こっとうひん 張合はりあい 唐獅子からじし 平坦へいたん 間隙かんげき 千束町せんぞくちょう 竜宮りゅうぐう 昂進こうしん 風呂敷包ふろしきづつ ちん 京阪けいはん 居候いそうろう 道頓堀どうとんぼり 読本とくほん 相貌そうぼう 鴈治郎がんじろう 仲居なかい 天王寺てんのうじ 寡聞かぶん 修羅場しゅらば 喧嘩腰けんかごし 喧噪けんそう 歌沢うたざわ 画家えかき 乗合のりあい 師直もろなお 温気うんき 胃癌いがん 判官はんがん 根性こんじょう 大和魂やまとだましい 仰々ぎょうぎょう 善根ぜんこん