“笠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かさ82.9%
がさ13.9%
りゅう1.9%
りつ0.6%
シェイド0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうどその夜は、小雨でもあったので、長兵衛は、にすがたを包み、城下れのなまず橋を西へ、高台寺道をいそぎかけた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは無理なことでありました。そこで人力曳きの海蔵さんも、まんじゅうをぬいで、利助さんのためにあやまってやりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
普通の声で「お前。支配人のさんと大森の警察署へ知らして頂戴ね。御飯はアトでいいから……」というに淋しくニッコリ笑ったという」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
龔廷賢とする治法を施したのである。曼公、名は杭州仁和県の人で、曼公とはそのである。万暦二十四年のであるから、長崎に来た時は五十八歳であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
なる程、安物の置電燈のうす紫のの下で、水兵帽子の赤い玉のかすかに揺れているのがわかった。
少女 (新字新仮名) / 渡辺温(著)