“人力曳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんりきひ50.0%
じんりきひき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは無理なことでありました。そこで人力曳きの海蔵さんも、まんじゅうをぬいで、利助さんのためにあやまってやりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
大人大人りとばされるというのは、けないことだろうと、人力曳きの海蔵さんは、利助さんの気持ちをくんでやりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
たとえば、村の雑貨屋は、巳之助の作った瓢箪型の草鞋を卸値の一銭五で買いとって、人力曳たちに小売値の二銭五厘で売っていたのである。
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
その岩滑新田には、いつも二、三人の人力曳がいた。
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)