牛をつないだ椿の木うしをつないだつばきのき
山の中の道のかたわらに、椿の若木がありました。牛曳きの利助さんは、それに牛をつなぎました。 人力曳きの海蔵さんも、椿の根本へ人力車をおきました。人力車は牛ではないから、つないでおかなくってもよかったのです。 そこで、利助さんと海蔵さんは、水 …
作品に特徴的な語句
えん たい うえ 習慣しゅうかん なに せん なさ ゆる 手拭てぬぐ せい くだ えん なか 老人ろうじん にわとり やわ ねん にん がさ もん 顔色かおいろ 今日きょう ぽん たよ 油売あぶらう いずみ おと からだ 左手ひだりて ふく あいだ もん はら ひま べつ げん みぞ かよ やす 明日あした あか 日盛ひざか 日本にっぽん わか だれ にち いえ 右手みぎて ほう きゃく はな あたら あま かた くる ちょう ぐさ 大野おおの 夕飯ゆうはん そと よる 莨入たばこい うし はし はこ こた わら 競争きょうそう そら わたし 相手あいて 浅緑あさみどり 決心けっしん 沢山たくさん なみ 海蔵かいぞう きよ あせ うみ