“箸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はし98.8%
ばし1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なんだい、あの音は」食事のを止めながら、耳に注意をあつめるで、行一は妻にせする。クックッと含み笑いをしていたが
雪後 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
僧は上りに腰かけて、何の恥らう様子も無く、悪びれた態度もなく、大声をあげて食前の誦文を唱え、それから悠々とった。
とと屋禅譚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
水々しいは、真綿、羽二重のに寝て、術者はまなを持たない料理人である。して、肉を揉み、筋をすのであるから恍惚と身うちが溶ける。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平次はさう言つて、火鉢の中に火を突つ込んで、無作法に掘り返しました。よくならされた灰は無慚にも掻き荒され、中からピンと飛び上がつたもの。