“髑髏杯”の読み方と例文
読み方割合
どくろはい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭蓋骨は、その外側を鍍金して髑髏杯を作るため、右手は、をつけたまま皮をいで手袋とするためである。シャクの弟のデックの屍体もそうしたしめを受けて打捨てられていた。
狐憑 (新字新仮名) / 中島敦(著)