“道具箱”の読み方と例文
読み方割合
どうぐばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのくるのことでした。ちゃんは、きなかしので、道具箱ろして、あしだのれているおじさんとをしていました。
風船虫 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そこでふたりは道具箱から、日ごろ顔なじみの、だが手をにぎったのはこれが最初の、道具をつかみ出してはいじくった。
空気ポンプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
天井につるしてある古自転車の車体や車輪。にならんだ、美しい自転車油とゴムのりのかん。柱につるされたチェーンのたば。油と鉄さびでよごれた修繕台道具箱等々。
空気ポンプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)