“道具屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だうぐや58.3%
どうぐや41.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御拂になるなら」とへて、「六いてきませう」と否々さうにけた。御米には道具屋けた相場至當はれた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
本人は、引手茶屋で、勘定値切られたじに、先方道具屋女房)も感情したものとつたらしい。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「ねえ、おさん。きょう紙芝居のおじさんが、じてんをほったらかしてで、道具屋のおじさんと将棋をさしていましたよ。」と、しました。
おさらい帳 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちょうど我々骨董品に何らの心得なき者が、物品そのものの貴賤の程度はさらに分別つかぬが、道具屋かされて高価を出せば良品が手に入ると思うのと少しも変わらぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)