廓そだちくるわそだち
古くから、人も知つた有名な引手茶屋。それが去年の吉原の火事で燒けて、假宅で營業をして居たが、續けて營業をするのには、建て復しをしなくてはならぬ。 金主を目付けたが、引手茶屋は、見込がないと云ふので、資本を下さない。 殊に、その引手茶屋には、 …
作品に特徴的な語句
ごツ 光景やうす おの 前方せんぱう なほ 連中もの そこ かに なほ おろ あた 矢張やつぱ かたはら 巡査おまはり 年長としうへ さう いはく まへ はぢ もつ おほ はふ 可笑をかし あづか 此方こつち さい 間違まちがひ かう とほ 途中みち はう あた 結綿いひわた 冷酒れいしゆ はた かゝ 光景くわうけい 先方むかう 女房かみさん めう 大門おほもん えう がい 吉原よしはら 背負しよ 廓外そと 去年きよねん 心懸こゝろがけ 思慮かんがへ 悚然ぞつ 結果あげく はひ しやが ひど せん わき 突張つツぱ ちやう なに ほん これ 目付めつ なま まを 澤山たんと はじ むすめ きら きま きやく 滑稽こつけい 準備じゆんび こゝ 洋刀サアベル かは 母子ふたり 殊勝しゆしよう 帳場ちやうば しやく くら 營業しやうばい 所謂いはゆる ゆす 感情かんじやう 料簡れうけん あたら 恰好かつかう しき 横腹よこばら