“雜沓”のいろいろな読み方と例文
新字:雑沓
読み方割合
ざつたふ75.0%
ざつたう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸の賑ひを集め盡したやうな淺草の雜沓は、この意味もなく見えるやかな事件を押し包んで、活きた坩堝のやうに、刻々新しいりを卷き返すのです。
からつて、露店參詣人との雜沓するを、威勢せた八足門までくと、うから群衆けて、武士がやつてた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
んで見んこと則ち眼の毒なる可し又花の醉人騷客所狹まで雜沓すれば喧嘩口論間々ありて側杖打るゝ人もあり然るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それが、非常雜沓する、江戸十字街電車交叉點もあるし、大混雜有樣なんです。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)