“雜誌”の読み方と例文
新字:雑誌
読み方割合
ざつし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃雜誌青鞜」はれ、しい女といふことが大分やかましくなつてまゐりました。けれど私達は初めからそれを白眼でみました。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
それから、くる/\といてポケツトにさし込んで來た雜誌をひろげて、この春に來る外國畫のスチルをめはじめた。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
が、いつだつたか、或る雜誌にのつてゐたゴシツプによると、文藝余技の内玉突と寫とでは筆頭ださうだ。