冬を迎へようとしてふゆをむかえようとして
——(櫻田本郷町のHさんへ)—— 今日はほんとうにお珍しいおいでゝ、お歸りになつてから「お前は今日よつぽどどうかしてゐたね。」といはれましたほど、私の調子が狂ひました。ほんとうにあなたはめつたにお出ましにならないので、私どものやうに引越して …
作品に特徴的な語句
うま 復習ふくしふ うなづ やはら どほ くつがへ みの うへ あやふ わざは 少女せうぢよ 失敗しつぱい をつと あら あたゝ きつ まへ いへ 家中うちぢう 習慣しふくわん ちひ 不良ふりやう がく をんな はう のぞ 仕合しあは みづか めづら おほ 空虚くうきよ こゝろ すご 引返ひつかへ 嘲笑てうせう おく 男子だんし 劇場げきぢやう まぎら わり えう 解放かいはう めう ゆる 晩秋ばんしう まは 引越ひつこ 母親はゝおや ゆた 貞操ていさう まづ 去年きよねん 生活せいくわつ こゝろ 心掛こゝろが たましひ はじ ぶん ゆび もと くい まつた 光明くわうみやう たち なさ 批評ひゝやう 手習てなら がた なに 方向はうかう 今日けふ 縁側えんがは ゆゑ さぐ 文法ぶんぽふ 要求えうきう さゝ あたら 最初さいしよ つづ 折角せつかく もつと 所謂いはゆる くら 良心りやうしん 結婚けつこん