“割”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
64.5%
19.0%
わり10.8%
われ1.4%
わっ0.6%
わつ0.6%
さか0.3%
わる0.3%
あば0.3%
0.3%
0.3%
きざ0.3%
0.3%
わか0.3%
わら0.3%
0.3%
ワカ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、相つづく諸方への派兵のために、あいにく、陵の軍にくべき騎馬の余力がないのである。李陵はそれでも構わぬといった。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
油煙がぼうつとるカンテラのがさういふてをしくせてる。つた西瓜さな一のりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
くなりぎたつたて、大變丁寧挨拶をしたので、宗助椅子狼狽かした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
の女は青磁色の薄い絹の襟巻の端に出た糸を指でむしりながら云ふ。先刻から心持程頬の赤味がたやうである。
御門主 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
せめて玉子でも新らしければ少しは持つけれども、二月も前に外所から貰った到来物の玉子だ。それも上海玉下等物で、た時は大概卵黄が壊れていた。腐ったものは堅いものよりなお悪い。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
見てるとも知らず源八取上げ二ツに繰出し、両方積上げまして、突然懐中突込くムグ/\やつてたが
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
その常にぢかつる一事を責められては、えざるをもるる心地して、彼は苦しげにめ、声をもさでゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
より入れさするに安五郎けなしと何心なく饅頭を二ツにに中にさくし紙ありければ不審に思ひき見るに
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鸚鵡蔵という怪体な土蔵があるとのこと、しめた! そういう土蔵の胎内にこそ、とんだ値打のある財宝があるってものさ、こいつアかずにゃアいられねえと、十日あまりこの辺りをウロツキ廻り
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「君が帰って来る時分には、十文字にっさばいているだろう」
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
昔から随分腕のいた者はを切り、妙珍鍛ったもありますが、孝助はそれほど腕が利いておりませんが、鉄砲を切り落せる訳で、あの辺は芋畑が沢山あるから
先ずハムの湯煮たのと鶏肉の湯煮たのとを四分六分位の割で細かくんでして裏漉しにします。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
はそれをそつと大事めた。茶碗ての陶磁器熱火ねてつて一つでもつものはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
(右府の御首を挙げれば、直ちに援軍をち得る。それまではただ信忠をさぬことを旨となせ)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
幸ひ片端より破落離々々々薙倒す勢ひに惡漢どもは大いに驚き是は抑如何仁王化身摩利支天かあら恐ろしの強力や逃ろ/\と云ひながら命からがら逃失けり打倒されし五七人は頭を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
テ。鏡ノゲルガゴトク。上下歯クイテ。口脇耳ノ根マデ広クケ。ニテ百入塗タルゴトクニシテ。額ヲ隠シ。振分髪ノ中ヨリ。五寸計ナルノ角。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「天地未だれず、猶鶏卵子の如し」
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)