“油煙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆえん92.3%
すみ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、食事も何も忘れて、油煙臭い押入れの中で、不思議なせりふをきながら、終日幻燈の画に見入っていることさえありました。
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
油煙がぼうつとるカンテラのがさういふてをしくせてる。つた西瓜さな一のりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
またここにも、無数の吊りやら芝居篝が、ソヨ風のたび油煙を吹いたり火をハゼたりした。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)