“ゆえん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユエン
語句割合
所以92.2%
油煙3.5%
由縁2.3%
油烟0.9%
故以0.6%
以所0.3%
所因0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結局、冗費と思えるものの一切を省いてがまんすることが、所謂国策に沿う所以でもあり、それ以外に考えつかない良策でもあろう。
油煙がぼうつとるカンテラのがさういふてをしくせてる。つた西瓜さな一のりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
下等士族のが上士に対して不平を由縁は、ら門閥虚威の一事にて、もその門閥家の内にて有力者と称する人物にて敵対の意をくことなれども
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
は色が変ってお負けに砂でざらざらしている。真黒だ。天井はランプの油烟ぼってるのみか、低くって、思わず首を縮めるくらいだ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼岸花、天蓋花死人花、幽霊花、狐花などという、あまり好ましくない和名が民間に行われている故以であろう。その中で穏かなのは彼岸花というのだけである。それとても抹香臭い。
それがばれる以所である。かういふふうに噴出しい電氣火花れる。性空上人霧島火山神體めたものは以上現象相違なからう。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
余が不敏を顧みずここに二、三の問題を提起して批判を仰ぐ所因もまたこれに外ならず。ただらに冗漫の辞を羅列して問題の要旨に触るるを得ざるは深く自らずる所なり。
自然現象の予報 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)