“ゆえん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユエン
語句割合
所以92.5%
油煙3.5%
由縁1.9%
油烟0.9%
故以0.6%
以所0.3%
所因0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されど元義の歌はその取る所の趣向材料の範囲余りに狭きに過ぎて従つて変化に乏しきは彼の大歌人たる能はざる所以ゆえんなり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
人生がただ動くことでなくて作ることであり、単なる存在でなくて形成作用であり、またそうでなければならぬ所以ゆえんである。
人生論ノート (新字新仮名) / 三木清(著)
油煙ゆえんがぼうつとあがるカンテラのひかりがさういふすべてをすゞしくせてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私は、食事も何も忘れて、油煙ゆえん臭い押入れの中で、不思議なせりふをつぶやきながら、終日幻燈の画に見入っていることさえありました。
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ついに維新の前後より廃藩置県はいはんちけんの時に際し今日に至るまで、中津藩に限りて無事静穏せいおんなりし由縁ゆえんなり。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
下等士族のはいが上士に対して不平をいだ由縁ゆえんは、もっぱら門閥虚威きょいの一事にあり
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
天井てんじょうはランプの油烟ゆえんくすぼってるのみか、低くって、思わず首を縮めるくらいだ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
郵便局の角から入ると、それから二三ちやうあひだは露店のランプの油烟ゆえんが、むせるほどに一杯にこもつて、きちがふ人の肩と肩とが触れ合つた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
彼岸花、天蓋花てんがいばな死人花しびとばな、幽霊花、狐花などという、あまり好ましくない和名が民間に行われている故以ゆえんであろう。
諸君はすでに、正当なる攻撃は一つとして彼の詭計に敵し難い故以ゆえんを了解せられたに違ひない。
風博士 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
それがすなはけむりばれる以所ゆえんである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
余が不敏を顧みずここに二、三の問題を提起して批判を仰ぐ所因ゆえんもまたこれに外ならず。
自然現象の予報 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)