夢は呼び交すゆめはよびかわす――黙子覚書――――もくしおぼえがき――
二月も末のことである。春が近づいたとはいいながらまだ寒いには寒い。老年になった鶴見には寒さは何よりも体にこたえる。湘南の地と呼ばれているものの、静岡で戦災に遭って、辛い思いをして、去年の秋やっとこの鎌倉へ移って来たばかりか、静岡地方と比べれ …
作品に特徴的な語句
くま むずかし そらん はて まとわ はなはだ かわ 手練てれん たん こふ さき 塗籠ぬりご あやまち ためし くるしみ おそろ いちじ あやふ れき いささか わずらわ そなわ なお おとず ふし ならびに かん 名代なしろ つま はな あぢは 北平ペイピン つぶ ただち ゆる ちなみ うる 買出かいだし まも とざ はず あわ おびやか しゅう おお ひそ ゆる いで はてし まな うる 窟戸いわやど じょう ほう おも あわ まぬ 目障めざわり はた はぐ 口惜くちお かぎ おのれ つまびらか ただ けん にぎわ かか まばゆ ひろ あなが めぐ 遊行ゆうこう しず おこ じる 南方みなかた うしな いだ ゆら もとづ おも おびや もと 挿花そうか 端書はしが