“挿花”のいろいろな読み方と例文
旧字:插花
読み方(ふりがな)割合
さしばな31.3%
はな31.3%
そうか25.0%
いけばな12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“挿花”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
花笠を造つたり、小さな山車だしこしらへたり、山車の屋根を飾る挿花さしばなを考へたりして、キヤツキヤツと騒いで居るのでした。
女王 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
床の間の掛物、花瓶かびん挿花さしばな、置物の工合なんど高雅に見えて一入ひとしおの趣きあるは書生上りの中川がたしなみあらず。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
弓町の近くに住む、挿花はなの師匠だという話なので、お蝶は、ワラでもつかみたいところですから、そのまま女にいて行きました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お綱は、挿花はなの師匠になりすまして、さるお屋敷の聞香ぶんこうの席にまじっていたことがある。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また茶の湯とか、挿花そうかとか、遊芸とかの稽古事けいこごとで過当な時間と精力を費しているのも非現代的だと考えます。
婦人改造と高等教育 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
雪の下の僑居きょうきょの筋向いに挿花そうかの師匠が住んでいて、古流では名人に数えられていた。
一 既に優美をたっとぶと言えば、遊芸はおのずから女子社会の専有にして、音楽は勿論、茶の湯、挿花いけばな、歌、誹諧、書画等の稽古は、家計の許す限り等閑にす可らず。
新女大学 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
——まず彼女の父の消息をたずね、江漢老人との旧交ぶりを語り、床の間に見える八雲箏やくもごとから、琴の話、挿花いけばなの批評、東都の感想、江戸と上方との流行の差などほとんど尽くるところがない。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)