“挿櫛”の読み方と例文
読み方割合
さしぐし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀杏返引約めて、本甲蒔絵挿櫛根深に、大粒の淡色瑪瑙金脚後簪堆朱彫玉根掛をして、一髪をも乱さず、めて快く結ひしたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この時までんで持っていたか、懐中鏡やら鼈甲透彫の金蒔絵挿櫛やら、ばった懐紙の中には、見覚のある繿縷錦の紙入も、落交って狼藉極まる
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あまつさえお六を造る店の前では、がらにもなく挿櫛鬢櫛を手にとって、仔細にその細工のあとを眺め、ふところから日誌をだして二、三種の形を写した上、値だんも聞かずに
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)