“鬢櫛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びんぐし91.7%
びんくし8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬢櫛”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
貴女様み気色けしきふるる時は、矢の如く鬢櫛びんぐしをお投げ遊ばし、片目をおつぶし遊ばすが神罰と承る。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
灯を見て起き出し、また風呂に入り、出ると、婆やがもう晩飯の膳。——お島は、鬢櫛びんぐしをつかいながら、鏡台にむかっていった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さあ、気に成ると心配は胸へ滝の落ちるやうで、——おび引占ひきしめて夫の……といふき心で、昨夜待ち明した寝みだれ髪を、黄楊つげ鬢櫛びんくしで掻き上げながら、その大勝だいかつのうちはもとより、慌だしく、方々心当りを探し廻つた。
夜釣 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)