新女大学しんおんなだいがく
一夫れ女子は男子に等しく生れて父母に養育せらるゝの約束なれば、其成長に至るまで両親の責任軽からずと知る可し。多産又は病身の母なれば乳母を雇うも母体衛生の為めに止むを得ざれども、成る可くば実母の乳を以て養う可し。母体平生の健康大切なる所以なり …
作品に特徴的な語句
打付ぶちつ みず おわ 痴漢バカモノ とも あきらか おさま ただち ことごとく べか こまやか かか 挿花いけばな まっと うれい おさ 濁水じょくすい あた かく 人間じんかん 仮令たと おこ めぐ いっ たたり 其処そのところ こまか つまびらか わか おのず 如何いかが 在昔ムカシ しょう しばら 此恨このうらみ 狼狽うろた ばち かか みな そもそ 禿筆とくひつ ねんごろ ひそか わざ にく いたずら ほころび 耳障みみざわり けだ 国光こっこう すなわ 乃公だいこう おわ あらわ つか すべ にわか ゆず たっと やや つとめ いま はかりごと いと つかさ めい ばか まみ 袂草たもとぐさ 饒舌しゃべ 醜猥しゅうわい 野鄙やひ 陋習ろうしゅう 疏外そがい いえど 畢竟ひっきょう あら あざ 畢生ひっせい 無益むやく すべ 滔々とうとう 一物いちもつ かいこ しか 爾来じらい