“爾来”のいろいろな読み方と例文
旧字:爾來
読み方割合
じらい97.6%
あれから1.2%
これまで0.6%
それより0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爾来同志を糾合し、相共に此問題を研究し来りしが、時機到来し、に一小雑誌を刊行して我が同胞にゆるの栄を得たるを謝す。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
爾来今日までの六年間、人らしい思を為た日は唯の一日でも無かつた。それで何がで俺は活きてゐたのか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
然し、貫一さん、う考へて御覧、まあ、私たちの事をどう思うてゐらるるか知らんが、お前さんの爾来為方、又今日のこの始末は、ちと妥当ならんではあるまいか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)