“じらい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
爾来94.1%
爾來3.0%
地雷1.2%
尓来0.6%
従来0.6%
時来0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(この「光雲翁昔ばなし」は大正十一年十一月十九日(日曜日)の夜から始め出し、爾来毎日曜の夜ごとに続き、今日に及んでいる。
爾來日本建築漸次進歩して堅牢精巧なものをずるにつたが、これは高級建築必然的條件としてれたので、地震考慮したためではない。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
尓来十年間、社会教育方面の仕事のために、南船北馬している私である。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「イヤ、浦和さん」と吾妻は乗出で「信用なさらぬのは御道理です、く云ふ僕が最初は如何しても出来なかつたですから、——御承知の如く僕は従来篠田をど崇拝して居たんでせう、 ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
僕はこのアルントを郁文堂に売り金六円にかへたるを記憶す、時来星霜すること十余、僕のアルントを知らざることは少しも当時に異ることなし。
その頃の赤門生活 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)