“そのとき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソノトキ
語句割合
其時59.2%
爾時34.0%
登時1.9%
当時1.9%
其時代1.0%
爾來1.0%
發時1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其時小犬ほどな鼠色小坊主が、ちよこ/\とやつてて、啊呀ふと、からをひよいと、背後から婦人背中へぴつたり。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何もも忘れ果てて、狂気の如く、その音信れて聞くと、お柳は爾時……。あわれ、草木も、婦人も、霊魂に姿があるのか。
木精(三尺角拾遺) (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
登時大岡忠相ぬし再度元益に向ひて云やう其方親子は庄兵衞の殺されたるより其のよと願ひ出たるをり武左衞門親子の者はしく庄兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一体あちらの人は、夜寝床にく前になると、一般に蝋燭わしであるのだが、当時恰度その部屋の中に、或る血だらけの顔の人が、煙の如く影の如くうしても見えるというのだ。
不吉の音と学士会院の鐘 (新字新仮名) / 岩村透(著)
燈火書物らき、きてせ、これは何時何時何處に、甚樣のやうなありて、其時代きしち、大功をなして此畫引上
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かくて姫は此世を隱れましゝなり。爾來尼院にれる廊道の前なる黒漆の格子りて、式の白衣を着たる一群の尼達現れ、高く天使の歌を歌ふ。僧官は姫の手を取りてけ起しつ。
よと云ければ和吉は番茶を茶碗みイザと計りに進めけり發時主個は此方に向ひ御用のは如何なる品と問へば元益茶碗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)