“國”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
くに82.8%
こく14.1%
クニ1.6%
ステーツ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本化物貧弱なのにして、支那るとる、支那はあの尨大であつて、西には崑崙雪山諸峰際涯なく
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
アルゼリヤでブリダアといふ市府ても怠惰ることがき、道樂をしてることが好きといふ次第である。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
氣短く思はないで、く力強い歌を産み出す迄の、あさましい「」の姿を見瞻つて、共にあくうざずの叫びを擧げて頂きたい、と願ふのです。
茂吉への返事 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
いつの時も、國亡んでピエロ出づ、かもしれない。いや日本そのものが、完全な“サンドイツチ”でもあつた。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)